ホーム » 2019 » 6月

月別アーカイブ: 6月 2019

最近の育毛剤が衝撃的なスペックの件

年をとってくるごとに日本人男子が気になってくるのが、薄毛、ハゲ。
髪が薄くなってくるというやつです。
まあ、海外旅行しててわかるけど、外人さんはハゲてても全然気にしてないから、日本人特有の悩みかもねっ!

で、薄毛をどうにかしたいと思って頼りたくなるアイテムNo1なのが育毛剤なのですが、
調べてみると、最近出ている育毛剤はハイテク感満載の技術を投入していたり、
え、これオトコの美容アイテムですか?と勘違いしてしまいそうなものまで、これまでのオジサンがつけるイメージを覆すものが多くなっているんです!

そこで、最近の育毛剤の中で衝撃的と思えるようなアイテムをいくつかご紹介したいと思います!

成分をナノ化したというナノインパクト100

  • 価格:7560円
  • メーカー:ホソカワミクロン化粧品
  • 公式サイト

育毛剤というと、この成分が効く!爽快!なんて思えるほどよく効きそうなイメージがありますが、こちらのナノインパクト100は、さらにその成分をナノ化して届きやすくしたという
ハイテクなのか、いいのか悪いのかよくわからない育毛剤。
これを作ったホソカワミクロンという会社は、もともと物質をなんでもナノ化する機械の製造をしていてれっきとした東証一部上場企業。
別に化粧品メーカーでもなんでもなく、機械メーカーがナノ化技術をもって育毛剤市場になぐりこんできたようだ。
で、なんで液体の育毛剤なのにナノ化が必要なの?といえばなんでも髪の毛根に成分を届けるためにはナノ化しないと途中でブロックされて届かないのだそう。
そこで1ミリの100万分の1まで微細化したカプセルに成分を詰めて毛根に届ける仕組み。
はっきりいって肉眼では確認しずらくて、もはやウソか本当なのかよくわからないですが、実際使って育毛効果が出ている人の体験談もあるので、怪しいアイテムでないことは確かだろう。
(参考→http://ナノインパクト100.net/)
成分そのものの品質よりも成分を届けるという別のベクトルに強みを生かしたニッチ的な育毛剤である。

インドネシアのフルーツを塗る育毛剤ランブット

  • 価格:14800円
  • メーカー:株式会社Rambut
  • 公式サイト

自然由来やオーガニックと聞くと効果以上にお肌に優しくてなんとなく良いイメージがするのはみなさんが思うところ。
しかし、それらを通り越してフルーツを塗って育毛すると聞いたらみなさんどう思うだろう。。。
こちらの育毛剤は、インドネシアのフルーツである「ノニ」を直接頭に塗る健康法をそのまま輸入して作ったそう。
ノニには140種類の成分が含まれていて髪だけでなく、肌の老化防止にも良いのだとか。
しかも毎日塗るわけではなく、週2回、塗ってから洗い流すという独自の使い方も他の育毛剤と一線を画しますね。
しかし、ここまでくるともはや育毛剤ではなく、白髪染めにも見えてしまうのだが…(ボトルもそう見えますし)
こちらはまだ出たばっかりだしく、具体的な体験談は見つけられず。
あらゆる育毛剤に失敗した方にとってはかなり目新しい内容で、最終手段でトライしてみるのもありかも…。

今日は2つ紹介してみたけれど、実はトンデモ育毛剤はまだまだ見つけることができるので、次回機会があればまた書きます!